八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

小中高で部活動再開 約2か月ぶり、笑顔広がる

久しぶりの部活動を楽しむ生徒ら=21日夕、八重山農林高校

久しぶりの部活動を楽しむ生徒ら=21日夕、八重山農林高校

まん防解除

 石垣市内の小中高校などで21日、新型コロナウイルスの影響で3学期に入ってから停止されていた部活動が、まん延防止等重点措置の解除を受け再開され、運動場や体育館に笑顔が広がった。部員らは久しぶりの練習。軽めのメニューながらも思い切り体を動かし、ともに汗を流した。

 このうち八重山農林高校の体育館では、男女バレーボール部、男子バスケットボール部が練習を再開。メンバーらは「久しぶり」などと声を掛け合い再会を喜んだ。

 約2カ月ぶりという女子バレー部では、軽いランニングなどウオーミングアップを行い、トスなどで体の感覚を確かめていた。1年の阿次富美愛さん(15)は「みんなと集まって再会できてうれしい。コロナが今も拡大しているのは怖いけど、感染に気を付けながらやっていきたい」と笑顔を見せた。

 県教委は18日、まん延防止等重点措置の解除を前に、21日から部活動再開を認める通知文を学校長や保護者に送付。平日90分以内(早朝練習なし)、土日祝日は2時間以内とし、感染対策に留意するよう指示している。

 県教委や市教委は、第6波の感染が下げ止まり傾向にあることから感染対策を強化した上での活動が必要とした。

 県の通知文では▽体調不良の生徒は練習や大会参加を控える▽休日の練習は昼食を挟まない▽県内外での練習試合、合宿、遠征は行わない―ことなどを求めている。

 市教委は部活動再開の条件に▽開始前に指導者が検温などの健康観察を行う▽同居家族や本人に風邪などの症状が見られる場合は参加しない▽学級・学年閉鎖の期間は参加しない―ことなどを付けている。

 マスク着用について、県教委は原則として運動部の活動中には必要ないとしつつミーティングや待機中など密な状況で着用することとしている。文化系の部活動ではできる限り着用を推奨している。

  • タグ: 新型コロナまん延防止等重点措置
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム