八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

キビ収穫、長雨で遅れ 八重山郡内

サトウキビ畑に囲まれている名蔵集落。奥に見えるのは石垣島製糖=19日午後、名蔵

サトウキビ畑に囲まれている名蔵集落。奥に見えるのは石垣島製糖=19日午後、名蔵

製糖工場 稼働停止も

 1月から続く天候不良の影響で、サトウキビの収穫が遅れており、搬入不足から郡内の製糖工場の稼働停止も発生している。関係者は製糖期間延長や、来年度産に向けた肥培管理への影響を懸念する。

 気象庁によると、石垣島の降水量平年値は1月135㍉、2月124㍉。ことしの降水量は1月157・5㍉、2月は18日までに203㍉と平年値以上の降雨を観測。2月は18日間で降雨を12日確認している。

 石垣島製糖は昨年12月2日に2021―22年期の操業を開始。収穫面積1500㌶中、機械刈りの割合は86%に上る。主にJAと石垣市農業開発組合のハーベスター24台で対応している。ただ、1月以降の天候不良で、ハーベスターを投入できない状況が続く。

 同社の農務部によると、10㍉の降雨があると土壌がぬかるみ、翌日の機械刈りに支障が出る。悪条件下で機械刈りすると畑を荒らし、泥や不純物を持ち込むことになるという。

 工場の稼働は通常、1日800~900㌧搬入されるが現在150~160㌧ほどで、搬入量が足りず数日置きに停止と稼働を繰り返している。直近では17日夜から停止している。

 担当者は「1月以降、1週間連続でハーベスターが入ったことがないと思う。収穫が終わらないと次年度産の植え付けもできない。夏植えの肥培管理も難しくなる」と話し、「通常は2月中の1~2週間程度だが、(長雨が)1月から続くのは珍しい」と嘆いた。

  • タグ: サトウキビ収穫長雨
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム