八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

季節工宿舎 3月末完成へ 製糖期外宿泊、4000~4500円想定

建設が進む製糖業の季節工宿舎。町はオフシーズン時の活用方法を検討している=14日午後、与那国町(田頭政英通信員撮影)

建設が進む製糖業の季節工宿舎。町はオフシーズン時の活用方法を検討している=14日午後、与那国町(田頭政英通信員撮影)

与那国町

 【与那国】町が建設している製糖業季節工宿舎工事が進んでおり、3月末に完成予定となっている。町は製糖期外のオフシーズンに限り、町主催イベントと連動して宿泊利用を検討中。詳細は未定だが、担当課は民業を圧迫しない程度として、宿泊料1泊4000~4500円と想定。町内の宿不足軽減を目指す。

 与那国町製糖業対策強化対策事業寄宿舎新築工事は2021年4月22日に着工し、ことし3月29日までの工期。鉄筋コンクリート造3階建ての1人部屋42室。祖納に建設している。

 産業振興課によると直近の進捗率は約90%で、内装と外装を塗装している。

 オフシーズンの宿泊は町主催のカジキ釣り大会(7月)、与那国島一周マラソン(11月)での利用が念頭にある。期間外利用は町主催イベントに参加する来島者が、既存施設で宿泊予約できないケースを想定した。

 今後、町議会6月定例会をめどに、宿舎の指定管理締結に関する議案を上程し、承認を得た後に宿泊料金の詳細を詰める。

 担当者は「建物は旅館業法の施設ではないので、宿泊施設として料金は取れない。あくまでも町が主催する事業でという仕組みにしたい。指定管理者と協議して運用を決める」と話した。

 与那国町では「アイランドホテル与那国」が休館した21年4月以降、町内の宿不足が喫緊の課題として浮上。各種大会時の受け皿不足が指摘されてきたが、新型コロナウイルス禍でイベントの多くが中止・延期となった。

  • タグ: 季節工宿舎
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム