八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ゆうちょ銀行が先月、硬貨両替の取扱手数料

 ゆうちょ銀行が先月、硬貨両替の取扱手数料制度を導入した。大手銀行やコンビニも追随する動きをみせ、小銭がなんとなくじゃまもの扱いされる時代▼手数料は50枚まで無料だが、100枚まで550円、500枚まで825円、1000枚まで1100円。1円玉を1000枚両替したら100円損してしまう▼幼少の頃、1センマチヤーが各地にあった。中学の頃の夏は毎日5セント玉を持参し、下校時に友人らと冷たいぜんざいを楽しんだ。高校の頃、アルバイトの1ドル札を持とうものなら、映画を見て帰りにそばを食べるぜいたくでお釣りもあった。小銭でさえ魅力ある時代だった▼消費税で必ず1円玉のお釣りがある現代。こうなると小銭での支払いが増えるのも消費者心理というもの。本土ではスーパーのセルフレジで小銭の大量投入があるという。ほとんどの家庭に使い勝手のない1円玉や5円玉の大量在庫があるのではないか▼そんな事情もあって、社会福祉協議会や赤い羽根など人々の善意は、その多くが硬貨で寄せられる。たくさんの寄付があればあるほど両替手数料が増える不条理はあってはならない▼ひもじさのあまり、家じゅうの小銭を集めてコンビニにおにぎりを買いに行く子はいないだろうか。有効な「小銭循環」策はないか。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム