八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

右肩が痛くて、針治療を受けている。…

 右肩が痛くて、針治療を受けている。打ち方はいろいろだ▼右の足指にまず針を打ち、続いて右手という具合に外堀を埋めるような打ち方もあった。筋にぴりぴりとした刺激が来る。首筋に打たれて、うで全体が手指の先までびりりとなったこともある▼ぎっくり腰の時には、腰を集中的に治療してもらい、おかげで治療院から歩いて帰れた。持て余すほど大きな体ではないが、内側には複雑なつながりが潜んでいる。細い針がそう教えてくれた。「鍼灸(しんきゅう)師」というだけのことはある。施術者は「師」なのだ▼外部にさらされているものであっても、その仕組みはわかるようでわからない。自然がまさにそうだ。名蔵川河口の湿地、アンパルの場合、鳥の渡りをサポートする重要な場所として国際的に認められている。そこに何かが起きれば、影響の広がりは思いがけないスケールとなるだろう▼石垣市長選は告示まで1週間を切った。前勢岳北方でのゴルフ場付きリゾート開発については、自然環境への負荷にどう対応していくかが焦点だ。なんせアンパルのそばである▼ひとつの「島」、ひとつの「市」を起点に、視界が世界に開かれていく。針を打たれるたびに、ほのかに電流が走ったみたいになる私の小さな体とは、スケール感がまるで違う。(松田良孝)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム