八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与那国にコールセンター アクトプロ社、4月開業

全国4カ所でコールセンター事業を展開するアクトプロ社。写真は和歌山県での様子(提供写真)

全国4カ所でコールセンター事業を展開するアクトプロ社。写真は和歌山県での様子(提供写真)

休館ホテルを活用 島内外雇用、最大200人

 【与那国】2021年4月から休館している与那国島の「アイランドホテル与那国」に4月、島内初のコールセンターが開設されることが9日までに分かった。㈱アクトプロ(新谷学代表取締役社長、東京都)が開業する。コールスタッフの雇用は当面30人程度だが、数年後に島内外から200人規模へ拡大する計画となっている。

 同社は2002年創業で東京(新橋、品川)、大阪、和歌山でコールセンター事業を展開するほかコンサルティング、営業代行など各種事業を扱っている。

 与那国でのコールセンターは、企業の商品サービス案内などを行うアウトバウンド方式。開設の意義として▽遊休不動産の活用▽雇用創出▽東京のスタッフ誘致による人口増加▽島の地理的重要性の維持―を挙げる。

 アイランドホテル与那国」(㈱りゅうにちホールディングス、浦添市)とは2月1日付で賃貸借契約を結んだ。オフィス、厨房に加え32部屋を従業員寮として確保する。契約期間は4月1日~9月30日。

 アクトプロ社によると、賃貸契約終了後もコールセンター事業を継続する予定だが、ホテル運営会社の方針を優先する方針。ホテルとして再開される場合には島内の別の場所で事業を行う予定だ。

 開業に向け島内外からコールスタッフ30人を雇用し、厨房スタッフ4人を地元で採用する。コールスタッフ雇用は半年で50~60人、1年で100人、2年で200人を想定。可能な限り地元採用するという。就業時間は午前9時~午後6時の実働8時間で土日休み。時給1100~1300円。従業員の寮費は1日3食付きで月額4万円。食材は地産地消を基本とする。ボランティアなどの地域貢献活動も展開する。

 新谷社長は本紙の取材に「都心と変わらない時給がコンセプトだ。頑張る気持ちがあれば、老若男女問わず務まる仕事」とPR。「都内から直接採用することも考えている。流動人口も増やせるので、経済もいい循環になると思う」と話した。

 コールセンターは4月4日開業、同11日にオープニングセレモニーを行う予定。

  • タグ: アクトプロ与那国
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム