八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

本紙の復帰50周年特集で、1973年に

 本紙の復帰50周年特集で、1973年に石垣市で行われた若夏国体バドミントン競技が紹介された(1月23日付)。会場は八重山高校体育館。郡内の同競技普及の始まりだ▼筆者は国体開催の6年後に高校でバドミントンを始めたが、当時、高校の部活、民間に数多くのサークルが活動し、盛り上がっていたのを覚えている▼八重高ではバドミントン部は女子に人気で、毎年かなりの数が入部した。なかには、イケメンの先輩に憧れ、100人以上が入部したという逸話もある▼筆者の高校当時は、練習はきつかったが夏休みを利用して学校で合宿があり、教室の机を並べて寝泊り。帰省したOBなども合宿を訪れ、縦の関係も深まった。だが、朝から晩まで猛練習で、約1週間の合宿明けには体重が激減した記憶がある。今では厳しくも楽しい思い出だ▼八重山のバドミントンだが、近年は、離島を含め郡内の各中学校で部活がある関係で、児童生徒の競技人口が増え、レベルも向上している。ただ、一般への普及がさほど進んでいないのが残念だ▼バドは、競技スポーツとしてはかなりの運動量を必要とするハードなスポーツ。だが、誰でも気軽に楽しめ、手軽な運動としてはうってつけだ。生涯スポーツとして、競技人口が増え、盛り上がりに期待したい。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム