八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

通信制高校、来春開校へ 医学アカデミー、最大3000人規模

会見で(仮称)MSC高校の開校趣旨などを説明する穂坂理事長(右)=2日午前、市役所

会見で(仮称)MSC高校の開校趣旨などを説明する穂坂理事長(右)=2日午前、市役所

23年4月に「(仮称)学校法人みずほ学園瑞穂MSC高等学校」の開校が予定されている市IT支援センター=2日、新栄町

「寛容な教育環境メリット」

 埼玉県を拠点とするMIZUHOグループの学校法人医学アカデミー(穂坂邦夫理事長)が、石垣市新栄町の市IT支援センターで2023年4月1日に広域通信制高等学校「(仮称)学校法人みずほ学園瑞穂MSC高等学校」の開校を目指している。3年間で高卒資格を取得できる。開校5年で生徒数3000人を目標に据える。

 同アカデミーは1977年、「弱者にやさしい人材の創造」を目標に創設。薬剤師や理学療法士の輩出などに力を入れ、薬剤師国家試験の予備校も経営している。通信制高校への参入は初めて。

 校名の「MSC」は「医療(Medical)」「多様な(Multiple)」「仲間・友(Mate)」「実現・達成・満足度(Satisfaction)」「科学(Science)」「スポーツ(Sports)」「コミュニケーション(Communication)」の頭文字。

 学校では各家庭で受講できるオンライン授業を中心に、生徒の習熟度に合わせた教育を実施、3年間で74単位取得できる。実際に学校で授業を受けるスクーリングは年1回を想定、入学時に「親子体験スクーリング」も予定する。

 取得できる資格はMOS、ITパスポート、登録販売者、初任者研修、簿記、英検、TOEICなど。医療分野のカリキュラムを設定し、医療系の大学・専門学校への進学推薦も視野に入れる。開校当初の規模は全3学年で定員約1600人。初年度の入学生は約500人で、転・編入生は随時受け入れる。

 2日午前、市役所で会見が開かれた。穂坂理事長は「土地柄、教育環境の良さにつきる。子どもたちが豊かな環境の中で、(島の)寛容度の高さを感じられることが最大のメリット」と開校理由を説明。家庭の事情で遠方での高校卒業を目指すケースがあると紹介した上で「心身に障がいを持つ子どもたちにも門戸を開きたい。ネットは距離が遠いと言われるが、それを近くし、優しさのある子を育てたい」と意気込んだ。

 中山義隆市長は「本市の学生の選択肢を増やし、市外からの来島者を増やしてにぎわい創出につなげるため、市としても取り組んでいく」と決意を新たにした。

 同アカデミーは3月末までに県に学校設置認可申請書を提出する。各種審議会を経て11月末までに本申請書を出し、23年2~3月の最終決定審議会での認可を得て同年4月1日に開校する流れ。

  • タグ: 通信制高校医学アカデミー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム