八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

管内、新たに49人 市内在住47人、最多更新

八重山管内感染状況

八重山管内感染状況

 八重山保健所は25日、管内で男女49人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。管内では19日から25日発表までの1週間で251人の患者が確認されるなど感染拡大が続いている。累計は2229人となった。

 また、管内の感染はオミクロン株へ置き換わっており、18~19日発生分の68検体のうち判定不能の7検体を除く91・8%に当たる56検体がオミクロン株だった。

 同保健所によると、陽性が判明したのは男性21人と女性28人。うち市内在住が47人と石垣市の1日の新規感染者数として過去最多を記録した。同日、竹富町は小浜地区で2人の感染が確認されたと発表した。

 年代別では10代未満が12人と最も多く、次いで10代の10人と若年層に広がりを見せているほか、20代9人、30代と40代でそれぞれ6人、70代で4人、50代と60代で1人と幅広い層で感染が確認されている。

 濃厚接触者や職業、行動歴などは同保健所が調査中。

 県によると現在、八重山病院には中等症6人と軽症13人、民間病院に軽症6人が入院。宿泊施設では28人、自宅では189人が療養している。入院・療養等調整中は50人となっている。

 年末年始からの急激な感染拡大で保健所の業務が逼迫。濃厚接触者への連絡が滞っていることから同保健所では石垣市新型コロナ電話相談やPCR検査センターの利用を呼び掛けているほか、自宅療養者へは県のウェブサイトにある自宅療養のしおりの確認を呼び掛けている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム