八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

21年入域観客54万人 50万人台、98年以来

観光客数と観光消費推計

観光客数と観光消費推計

21年も新型コロナ禍の影響が続き、入域観光客数が激減した=21年12月29日午前撮影、南ぬ島石垣空港(資料写真)

石垣市 コロナ禍前の7割減

 石垣市が21日に発表した2021年入域観光客数は前年比15・4%(9万9007人)減の54万5831人だった。過去最多だった19年比だと70・2%(92万5860人)減っており、2年連続で新型コロナウイルス感染拡大が観光・経済に大打撃を与えた。年間50万人台は23年前の98年、51万7908人以来となる。

 21年の年間入域観光客数の内訳は全て空路客で、海外からの入域はゼロ。国際線空路は20年1月、外航クルーズ船は20年3月から途絶えている。20年12月末には国のGoToトラベルキャンペーンが一時停止、現在も再開のめどは立っていない。

 1年間で沖縄県の緊急事態宣言は2度あった。累計約5カ月続き、年間約4割の期間は宣言下となった。

 県独自の緊急事態宣言は1月20日~2月28日。政府が県を対象とした同宣言は5月23日~9月30日と長期化し、夏のトップシーズンの観光に影響を与えた。緊急事態宣言下5~9月の入域観光客数は19年同期比70・2%(48万7545人)減の20万6645人と低迷した。

 緊急事態宣言が解除された10月以降、修学旅行や個人客の来島が相次ぎ、観光が一時回復傾向に。入域観光客数は10月5万9256人、11月6万4082人と上昇。12月は月間最多の6万6854人が来島した。この間、八重山管内の新型コロナ感染確認は昨年10月28日から12月31日までの63日間、確認されていない。

 21年の観光消費推計は前年比12・8%(60・5億円)減の432・3億円。19年比だと55・8%(544・7億円)減となっており、経済への打撃は大きい。

 現在、県内では第6波とされる新型コロナ感染が再拡大。1月9日から「まん延防止等重点措置」が適用されている。市内の感染者数も収束しておらず、観光業界にとって厳しい状況が続く。

  • タグ: 石垣市入域観客
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム