八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

3回目集団接種開始

3回目のワクチン集団接種が始まった。市は85歳以上、65歳以上、64歳以下と順次計画している=18日午後、市健康福祉センター

3回目のワクチン集団接種が始まった。市は85歳以上、65歳以上、64歳以下と順次計画している=18日午後、市健康福祉センター

市、高齢者先行で順次計画

 石垣市は18日、3回目(追加接種)となる新型コロナウイルスワクチンの集団接種を開始した。数え年で85歳以上の高齢者を先行し、2月1日に65歳以上、3月1日から64歳以下の接種を順次計画する。市はワクチン確保のめどが立ち次第、64歳以下やエッセンシャルワーカーへの接種日程を前倒ししていく。

 この日、市健康福祉センターで85歳以上の高齢者を対象とした追加接種が始まった。3日間の日程で行い18日179人、19日159人、21日113人の計451人が予約。期間内に対象者約1200人の4割弱が接種することになる。ワクチンはファイザー社製。

 会場周辺では、家族らが高齢の市民を会場まで送迎。介助者に車イスを押されて入場する姿もみられた。接種会場では保健師が「体調は変わりないですか」と声掛けして予診票を確認。医師らが3ブースに分かれてワクチン接種。接種後の高齢者は別会場で15分間待機し、異変の有無を確認した。

 3回目接種を済ませた80代女性=新川=は「毎日感染者が増えて大変だと思っていたので安心した」と安堵の表情。今後の生活については「ふだん通りだが、人混みの中には行けない。近くのスーパーに行くぐらいかな」と話した。

 八重山管内では1月に入って新型コロナ感染が再拡大。感染力が強いとされるオミクロン株が全体の6~7割を占めるといわれ、家庭内から高齢者者へ感染が広がるケースも相次ぐ。

 市医療アドバイザーで産業医の境田康二かりゆし病院長は「高齢者は抗体量が少なく、(前回接種から)6カ月以上たって抗体量が減っていることは事実」と指摘。「陽性者が出始めるとあっという間に増える。地域全体で多くの重症者を出さないために、3回目のワクチン接種に協力を」と呼び掛けた。

 市は2月1日から65歳以上を対象に市総合体育館で集団接種を実施する。1月20日前後には対象者に接種券が届くという。予約受け付けは18日から開始、現時点で約100人が予約したという。インターネット上のV―CHAT予約を支援するため市は市役所、結い心センター、市健康福祉センターにサポートセンターを開設した。

 接種が間に合わなかった85歳以上の高齢者は、今後の集団接種でも接種可能。64歳以下の接種は3月1日から予定する。

 3回目接種はこの日までに、医療従事者と高齢者施設での巡回接種を行っている。ワクチン接種に関する問い合わせは市健康福祉センター(88―0088)。

  • タグ: 新型コロナワクチン3回目
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム