八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

作家井上ひさしが「にほんご観察ノート」で…

 作家井上ひさしが「にほんご観察ノート」で、官僚がつくる「お役所言葉」をとりあげている。「カタカナ英語を多く使う。造語を発明する。今も昔も変わらない」との指摘▼耳慣れない言葉が増えるたびに閉口する。もっとやさしく、もっと分かりやすく。さすがに新型コロナ禍におびえる社会では、ステイホームにロックダウン、テレワークにソーシャルディスタンス、某都知事が好んで使ったカタカナ語は速やかに浸透した▼が、デジタル関係の用語はどうか。ICT(通信情報技術)、IoT(モノのインターネット)、DX(デジタル・トランスフォーメーション)。DXなぞ「デラックス」としか読めない昭和世代には何が何だか。「石垣市スーパーシティ構想」も分かりにくい▼民放テレビは「レベチ」などと若者言葉やJK(女子高生)のギャル語に迎合し、さも一般大衆に浸透している言葉のごとくに扱う。知らない視聴者が悪いみたいに。ちなみに「レベルが違う」意という▼昨秋、鳴り物入りでスタートしたデジタル庁。HPに「誰一人取り残さない 人に優しい社会」というデジタル社会の政策イメージは「ミッション・ビジョン・バリュー」とある。レベチな人々の造語である▼井上ひさしは「むずかしいことをやさしく」とも説いた。かくあるべし。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム