八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

猫や犬が迷い込み、慈悲で餌をあげている…

 猫や犬が迷い込み、慈悲で餌をあげている内に居座られてしまうわが家。今回は義弟が持ち込んだ迷い鶏の話。「逃げないので捕まえた。卵を生むかもよ」。 卵の一言で預かることに▼ブロック塀沿いに設けてある落ち葉集積所に古くなった網戸や、格子板、ブロックを組み合わせて即席の鶏舎作り。網中の鶏を見つけた飼い猫3匹が周りから、飛びかかろうと隙をうかがっている。犬も、何か気配を感じているのかほえる▼まもなく鶏舎は完成。水入れと餌箱を用意し中へ放した。翌日から娘中心に餌やり。葉物にぬかを振りかけて与えることに。この分では近々おいしい卵を生むかも▼ところがひと月過ぎても卵を生まない。餌に至っては、ぬか以外は足で蹴散らしてそっぽ、水入れをひっくり返すことも。義弟が餌は葉物なら何でもと言っていたのに好き嫌いがあるようだ▼そこでキャベツの芯、芋の皮、キーウィの皮、リンゴの皮など甘味を与えたら喜んで食べる。これがいけなかった。鶏は美食を好むのか。以来、甘味無し葉物には見向きもしない▼早々に、拾得物で所轄の役所へ届け出て所有者に名乗り出てもらおうかな。その場合、即、届け出なかったことを責められるだろうか。暮れから養鶏(卵)も家庭菜園も買って食べた方が安いことを学んだ。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム