八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣小、新校舎が完成 来月1日から授業開始

石垣小学校の新校舎が完成した。2月から供用開始を予定している。奥にみえるのは旧校舎=12日午後、同校

石垣小学校の新校舎が完成した。2月から供用開始を予定している。奥にみえるのは旧校舎=12日午後、同校

同校では1月から引っ越しまでのカウントダウンを行っている=15日午前、東門前

22年度にグラウンド整備

 石垣小学校(磯部大輔校長、児童368人)の新校舎が昨年12月末で完成し、2月1日から新校舎での授業が始まる。2月6日には落成式を開く。旧校舎解体、グラウンド整備などの工事は2022年度内に行われる。

 石垣市教育委員会によると新校舎建設は20年10月、現校舎西側のグラウンドで着工。風通しや採光を活用して中央部分を吹き抜けにした。RC造4階建てで施設面積6553平方㍍、総事業費は約20億円。校舎は普通教室18室、特別教室9室、管理室6室。

 22年度の新年度予算には現校舎解体工事費約2億円、外構工事に約1億2千万円を盛り込む予定。解体工事は7月以降になる見通し。10月以降の外構整備ではグラウンドとフェンス整備、新校舎と体育館をつなぐ渡り廊下を設置する。東門は南側に移動する。

 石垣小は新校舎工事着工以降、運動会などを石垣市営陸上競技場などで実施。外構工事などは22年度中の完了予定だが、グラウンドが早めに完成した場合、同年度中に供用開始する可能性もあるという。

 同校は2月1日の新校舎供用開始に向け、土曜日の29日を登校日に変更し、旧校舎での最後の授業を行う。29~30日の2日間かけて新校舎へ引っ越し。31日は振り替え休日とする。

 同校東門前では1月から新校舎供用開始までのカウントダウンを表示。磯部校長は取材に「学校では自分力を向上させる夢育を進めている。新校舎でもわくわく感を持って、いろいろなことに挑戦してほしい」と呼び掛けた。

  • タグ: 石垣小学校新校舎
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム