八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新年に願うこと、どなたも長きに及ぶ…

 新年に願うこと、どなたも長きに及ぶコロナ禍の1日も早い収束と、ご家族の「健康第一」を挙げたのではないか。何事に取り組むにも、健康こそすべての基本▼その大事な健康が日米同盟によって脅かされている。沖縄だけでなく、岩国基地のある山口県、隣接する広島県。米軍基地からしみ出し、市中感染を広げる新たな変異株オミクロンの脅威である。県内では1日あたりの新規感染があっという間に千人を超えて「第6波」の真っただ中▼感染症対策が米軍任せとなる背景に日米地位協定の壁がある。政府の要請にかかわらず最終判断は米軍。基地内の水際対策の実態が見えない▼そのうえ玉城知事が昨年末に米兵の外出制限を求めても応じず、政府が動いたのは6日、実現したのは10日。半月余りも初動対応が遅れる間に変異株は市中に拡大したのだ。国の及び腰、失策と言っていい▼政府は対等な同盟を装うが、明らかな従属関係。外交・軍事だけでなく、感染症防疫体制まで米軍基地あるがゆえに国民の命が危険にさらされる不条理▼島々ではここしばらく新規感染が途絶える安定期だったが、再び緊張と不安を強いられる暮らしに戻った。自粛生活にストレスはたまる一方でも、ここは健康第一。今しばしウイルスとの闘い、ゆめゆめ注意怠りなく。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム