八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島マラソン延期 3月20日、海開きと同日

石垣島マラソンの延期を発表した大会長の中山市長=7日夕、石垣市役所

石垣島マラソンの延期を発表した大会長の中山市長=7日夕、石垣市役所

 新型コロナウイルス感染拡大を受け石垣市は7日、23日に予定していた「第19回石垣島マラソン」を3月20日に延期すると発表した。「日本最南端!八重山の海開き2022in石垣島」と同時開催となる。

(8、9面に関連)

 石垣島マラソンは開催発表当初から、緊急事態宣言や医療体制が逼迫していないことを条件に開催するとしてきた。

 大会はフル、ハーフ、10㌔の3部門で島内1333人、県内500人、島外2297人の計4130人がエントリー。延期に伴って参加を取りやめる場合は、これまでの経費を差し引いた差額2000~3000円を返金する。市はホームページや電子メール、郵便などで参加予定者に延期の旨を通知する予定。

 市役所で会見を開いた大会長の中山義隆市長は「ぎりぎりまで開催の可能性を模索してきたが、市民や全国のランナーの安全を第一に考え今回の決定に至った」と説明、「海開きと同じ日になる。3連休に来て、マラソンを楽しんだあとに八重山の海も楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 海開きは八重山ビジターズビューローが主催、市内の底地ビーチで予定している。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム