八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

Uターンで空港混雑

保安検査場前では年末年始の帰省や観光客で混雑した=4日午前、南ぬ島石垣空港

保安検査場前では年末年始の帰省や観光客で混雑した=4日午前、南ぬ島石垣空港

年末年始、観光や帰省客

 年末年始を八重山で過ごした帰省客や観光客のUターンラッシュが2日から続いており全国的に仕事始めとなった4日も、南ぬ島石垣空港は搭乗客で混雑した。2階の保安検査場前では、帰省した家族を見送り「またね」と手を振る市民の姿がみられた。

 年末年始期間、同空港発着の航空旅客の予約搭乗率は6割程度で、前年同期比の約1割増。あるレンタカー事業所では、新型コロナウイルス禍で車両を半分に削減していたが新規予約ができないほど好調。他社から車両をレンタルするなど対応に追われた。

 繁華街の美崎町や730交差点、ユーグレナモールでは、観光客や新成人が街を散策。人気スイーツ店前には人だかりができた。

 4日の石垣空港は前日に続きUターンする帰省客や観光客であふれ返った。空港売店の関係者は、この2日間で約8000人が島を出たとみている。正月明けに石垣島入りする観光客の姿も多くいる。

 山梨県から帰省した娘夫婦ら家族5人を見送った前竹喬子さん(65)=石垣=は、2歳の孫たちに手を振って見送り。前竹さんは「コロナ禍もあって約2年ぶりに会えた。2歳の孫は恥ずかしがり屋だった」と笑顔。娘夫婦はたこ揚げや釣りなどを楽しんだようで「下の子が幼稚園に入る頃にはまた会いたいが、コロナもこの状態なので、しばらく会えないと思う」と話した。

  • タグ: 年末年始観光
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム