八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

官公庁が仕事納め 八重山3市町

中山義隆市長のあいさつを聞く職員=28日夕、市役所市民広場

中山義隆市長のあいさつを聞く職員=28日夕、市役所市民広場

職員の労ねぎらう

 官公庁は28日、年内の業務を終了した。八重山3市町では同日夕、仕事納め式が行われ、3市町長がことし1年を振り返り、住民サービスの向上、各事業の立案・実施に尽力した職員の労をねぎらい、新年のさらなる活躍を期待した。

 

 石垣市役所新庁舎では11月15日の開庁から約1カ月半後の仕事納め。4時から市民広場で行われた。始めに職員から募った今年の漢字一文字が「始」に決まったと発表された。新型コロナウイルス感染症への市の新たな取り組み、新庁舎での業務開始などが理由。

 中山義隆市長はあいさつで「新庁舎から新生石垣市が動きだしている。真新しい庁舎で働けることの思いや希望を持ち、今まで以上に積極的に行政運営、各種施策を大胆に打ち出してほしい。職員が変わった、市役所の仕事の視点・目線・姿勢が変わった、そのことを打ち出していけるか。それぞれの持ち場で思う存分議論し、力を発揮してほしい」と述べた。

 ゴルフ場付きリゾート開発施設整備にも言及、約250億円の経済効果や約360人の雇用創出が見込まれるとした上で「コロナで疲弊した産業の回復に貢献でき、本市にとって必要不可欠な施設。1日も早い着工に鋭意取り組む」と決意を新たにした。

  • タグ: 官公庁仕事納め
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム