八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石川君、「日本一」手に凱旋 全国中学生重量挙げ89㌔級

メダルと中学日本新記録認定証を手に笑顔を見せる石川太陽君と父・幸治さん(右)=27日夜、南ぬ島石垣空港

メダルと中学日本新記録認定証を手に笑顔を見せる石川太陽君と父・幸治さん(右)=27日夜、南ぬ島石垣空港

メダル、笑顔 太陽の輝き 家族に感謝、成長誓う

 重量挙げの全国中学生選手権男子89㌔級でスナッチ、トータルの日本中学新記録を更新し、日本一に輝いた石川太陽君(石垣第二中3年)が27日夜、石垣島に凱旋した。石川君は初の金メダルを手に頂点の味をかみしめ、「次は世界のライバルと戦ってみたい」とさらなる高みを見据えた。

 石川君は26日に行われた大会でスナッチで日中新となる108㌔、ジャークで125㌔、トータル233㌔の日中新で全国制覇を達成した。27日午後6時ごろには高原東コーチ、付き添いの父・幸治さん(49)とともに南ぬ島石垣空港に到着すると、知人、友人から日本一の祝福を受けた。

 「金メダルは重たい」と笑顔の石川君は「実感は少しずつ湧いてきている。全国公認記録になったことがうれしい。祖父母や家族全員に応援ありがとうと伝えたい」と感謝した。

 幸治さんは「記録が出たときは涙が出た。これも本人がこつこつ続けてきた成果。本当にお疲れさま」と労をねぎらい、「明日、明後日は結果報告で忙しくなりそう」と笑った。

  • タグ: 重量挙げ日本一
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム