八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

久しぶりに同級生がそろうと、昔懐かしい

 久しぶりに同級生がそろうと、昔懐かしい話題がとび出し楽しいものだ▼先日、大浜の同級生の忘年会があり、そこで盛り上がったのが小学校当時の遊び。学校で休み時間などで男女一緒に楽しんだ長馬(ながうま)や暴れ馬、マッチ箱など▼その中でも「長馬」は、2チームに分かれ、1人を柱に、数人が柱に向かって作った長い人馬の背に、別のチームが次々と飛び乗り、先頭同士がジャンケンして、飛び乗ったチームが勝つと、10を数えるまで乗り続けることができる遊び▼馬側が負け続けると、その重さに耐えきれずつぶれることも。今考えると、けがをしかねない乱暴な遊びだが、楽しかった思い出しかない。このほかに、石けりやダムネ(ビー玉)、パッチン(めんこ)など、同級生の家の庭や玄関先などでよく遊んだ。いずれも懐かしい思い出だ▼その会話の中でふと思ったのが、今の子どもたちが筆者の世代になった時、「小学校時代に遊んだ思い出」として話すのは何だろうか。思い出と言えるものがあるのだろうか? テレビゲームなどのタイトルを言うのだろうか。そうなると少々寂しい▼最近は、昔はやった曲がリバイバルされたり、カセットテープが見直され、旧車が人気だ。外で体を動かす昔の遊びの再現も注目したい。(下野宏一)

 

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム