八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

東山盛さん 最多売上点数 出荷10年皆勤「自負したい」

開店以来1日も欠かさず出荷している東山盛一さん(前列中央左)と年間優良生産者ら=7日午後、JAおきなわ八重山支店2階

開店以来1日も欠かさず出荷している東山盛一さん(前列中央左)と年間優良生産者ら=7日午後、JAおきなわ八重山支店2階

ゆらてぃく市場年間優良生産者

 JAおきなわファーマーズマーケットゆらてぃく市場の2020年度第11回ファーマーズ生産者大会優良生産者表彰式(同市場生産者会主催)が7日、JAおきなわ八重山支店で行われ、年間最多売り上げ点数12人、農産物年間最多出荷者8人に賞状と副賞が贈られた。このうち東山盛一さん(66)=新川=は2011年4月9日の開店以降1日も欠かさず出荷している。

 20年度は年間売り上げ目標7億3000万円に対し実績6億8232万円と初めて下回った。来店客数も36万3730人と前年度から3万2829人減少した。新型コロナウイルスの影響で売り上げ、客数とも大幅減となった。今年度は、上半期で目標の4億379万円を上回る4億7723万円と好転している。

 表彰式で生産者会の黒島良雄会長は「コロナの影響で厳しい状況だったが、生産者の頑張りで今年度は目標を達成できる状況に来ている。今後も利用者に喜ばれる品物をたくさん出してほしい」と激励、JAおきなわ八重山地区本部の石垣信治本部長は「ゆらてぃく市場は地産地消に根差した店舗として高く評価されている。開店から10年が経過し、年を重ねるごとに島の新鮮な食材が充実する店舗となっている。これも生産者のおかげ」と感謝した。

 年間最多出荷者の東山盛さんは年間売上点数でも最多を記録。葉野菜を中心に栽培しており、夜明け前に起床して午前中に収穫・出荷、午後からは植え付けなどを行っている。これを10年間継続している。

 受賞者代表あいさつで「コロナ禍でもお客さんが、私たちが丹精込めて作った野菜を買いに来てくれた」と感謝、「開店から1日も休まず出荷できたのは自分の健康と家族の協力があったから。継続してきたことを自負したい。これからも新鮮、安全、安いのモットーを守りながらお客さんのために一生懸命頑張っていこう」と呼び掛けた。

 生産者大会は例年4月に行っているが、新型コロナの影響で2年連続で中止、表彰式のみを行っている。

表彰された生産者は次の皆さん。

 ▽野菜=①東山盛一(4万2796点)②東政太朗(4万229点)③平安名貞市(3万8171点)

 ▽果実=①玉城茂男(1万4999点)②伊志嶺雅也(1万3967点)③知念農園・知念辰憲(9514点)

 ▽花卉=①入口礼子(6458点)②玉城茂男(5804点)③福本光(4971点)

 ▽加工=①砂川玲子(2万748点)②安良城行洋(1万9254点)③宮良克美(1万5998点)

 ▽農産物年間最多出荷者(営業日353日)=①東山盛一、赤嶺百合子、㈲ワイファーム東洋、横山新三、㈲黒島組・池間史江(以上353日)

 ▽年間最多出荷品目=①野原ゆかり(68品)②当銘光子(54品)③根間博正(45品)

 

  • タグ: ゆらてぃく市場ファーマーズ生産者大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム