八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

3施設に適合証交付 石垣市福祉のまちづくり

平得わらべ保育園の中村真実園長など適合証を受けた施設の代表者ら=7日午後、応接室

平得わらべ保育園の中村真実園長など適合証を受けた施設の代表者ら=7日午後、応接室

 石垣市福祉のまちづくり条例で定める整備基準を満たしているとして社会福祉法人清心福祉会認定こども園平得わらべ保育園(中村真実園長)、結い心センター(福祉避難所兼ふれあい交流施設)、石垣市役所新庁舎の3施設に7日、市から適合証が交付された。1997年9月7日の条例施行以来18施設目となる。

 条例では、不特定多数の人が利用する生活関連施設について高齢者や障がい者らが円滑に利用できるようにするため必要な基準を定めており、3施設から適合証の交付請求があった

 適合証交付審査委員会(津嘉山航会長、9人)が11月30日、現地調査を実施し、整備基準を満たしていることを確認した。

 交付式が市役所応接室であり、中山義隆市長は「すべての人が安心して生活できる福祉のまちづくりが着々と進められていることをうれしく思う。今後も力添えを」とあいさつした。

 審査委の野里幸子委員が「3施設とも段差がなくフラットで高齢者や障がい者が訪問された際には自ら自由に利用できる施設。しかし、整備基準を満たしていても、利用する人にとって使いづらい場合もある。快適に利用できるスペースや空間の確保などに配慮を」と津嘉山会長の報告を代読した。

 適合証を受けた後、中村園長は「大変うれしく思う。精神的にもフラットでみんなが助け合えるまちづくりにつながれば」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム