八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

キビ5工場で12万㌧

サトウキビ生産見込み

サトウキビ生産見込み

21/22年期生産量見込み

 八重山地区内5工場の2021/22年期サトウキビの生産量は、前期実績を8306㌧(7・0%)上回る12万6380㌧が見込まれている。7月と9月に八重山地方に接近した台風の影響もなく、収穫面積は2096㌶と前期より約206㌶増えたことが影響。生産量は全ての工場で前期を上回る見込み。10㌃当たりの単位収量の平均は5・7㌧と前期より0・546㌧減少したものの石垣島製糖、小浜製糖、波照間製糖で6㌧を超える見込み。操業開始は小浜製糖以外が年内を予定している。

 石垣島製糖は12月3日の操業開始を予定。収穫面積は前期実績を111㌶上回る1499㌶を予定。単収約6・109㌧で生産量は9万1552㌧と前期から5894㌧の増産を見込んでいる。

 小浜製糖工場は来年1月11日の操業開始。収穫量は前期を212㌧上回る4064㌧を見込む。収穫面積が79・30㌶と前期から約10・87㌶増えたことが要因。

 西表糖業は、地区内で最も早い12月2日に操業開始。収穫面積198㌶と前期から21・4㌶増加し、収穫量は前期を1079㌧上回る1万2538㌧と予想している。

 波照間製糖は、12月4日の操業開始を予定。収穫量は1万3365㌧と前期実績から720㌧上回る。

 JA与那国支店製糖工場は12月10日に操業を開始。収穫面積100㌶とほぼ同じ水準。生産量は前期比401㌧減の4861㌧を見込んでいる。

  • タグ: サトウキビ生産
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム