八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

あと半年足らずで復帰50年の節目だ。米国

 あと半年足らずで復帰50年の節目だ。米国の沖縄統治をどう考えるべきか。19日に亡くなった西表島大富の桃原方美さん(1926年生)が語っていた話を聞き直してみて、ひとつのヒントをいただいたような気がした▼桃原さんの米国統治期を前後半に分けるなら、前半は開拓である。桃原さんと妻の民さん(25年生)は竹富島から大富に移民した。2010年3月にインタビューしたとき、民さんは「大変苦労して開拓をしました」と振り返っていた▼後半はパインアップル。大富のパイン缶詰工場で、桃原さんは労務係を務め、製造ラインに入る人手の確保に四苦八苦していた。収穫されたパインが続々と工場に集められ、製造ラインに載せられるのを待つ▼「パインは腐らせられない。(島外の働き手は)石垣までは喜んで行きたがるが、こっちは西表。相当苦労しましたよ」。交通の便を見て勤め先を選ぼうとする労働者を、西表島まで導くのは容易ではなかった▼離島の地理的環境は不利性につながりうる。他方で、海が周囲との間にスペースを保ってくれるがゆえに、独特なものが生み出されてきた▼この半世紀で離島はその地理的環境をどう飼いならし、依然として克服できない課題は何か。桃原さんの生涯は軽々に扱えない問いかけを残している。(松田良孝)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム