八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

民間資金アパート完成 西表浦内地区

住居不足の課題解消に期待が高まる民間アパート「JACACONハウス浦内」=23日午前、西表島浦内地区

住居不足の課題解消に期待が高まる民間アパート「JACACONハウス浦内」=23日午前、西表島浦内地区

「地域活性化につながる」

 【西表】民間資金を活用して浦内地区で移住定住促進に向け整備が進められてきたアパートが完成、21日、関係者にお披露目された。浦内公民館の前津芳生館長は「やっとの思いで住宅が整備されてうれしい。住民も増え地域活性化につながるだろう」と完成を喜んだ。住居は2棟5戸、入居開始は12月を予定している。

移住定住促進へ

 同地区は、宅地が少ないことなどで住環境整備が進まず、定住に向けた住居整備が課題だった。

 ことし2月17日、竹富町、㈱ジャカコン西日本(上運天賢勇代表取締役社長)、浦内公民館の3者が結んだ連携・協力協定に基づき、民間資金を活用した浦内地区の住居整備事業として進めてきた。

 町が町有地を貸し出し、同社が建物を建築。入居者は家賃を同社に支払い、公民館の会員が入居者選定や施設管理を行う。民間の能力を活用することで、公営住宅よりも住環境を整えやすく、建物の円滑な修繕やサービス提供を行えることが利点。

 建物は重量鉄骨造の平屋。延べ床面積299・46平方㍍(1棟149・73平方㍍)。1LDK3戸、2LDK2戸。

 町は今後も、町有地を民間に貸し出し上物を整備する手法を他地域でも展開したい考え。

 前津館長は「定住できる環境により、公民館会員も増え浦内地区の発展につなげたい」と期待を込めた。

 お披露目式には、西大舛髙旬町長、同社の上運天社長も出席し、テープカットを行った。

  • タグ: 西表島地域活性
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム