八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「いっしょにテレビみよう」と誘っても…

 「いっしょにテレビみよう」と誘っても、子は来ない。すでにカラー化していた筆者幼少のころはテレビに夢中になっていたが、親にそう言われたことは一度もない。生活に追われてそんなひまなどなかったのだろう▼テレビ視聴は共通の話題づくりでもある。バラエティーにニュース、スポーツなど内容は多岐に渡り、教養が身につく。でも、ひとつの番組に家族がそろうことは多くはない。その原因はインターネットである。スマホなどでのゲームや動画だ▼小学6年生と中学3年生を対象に今年5月に行われた全国学習状況調査には「月曜日から金曜日まで1日当たりどれくらいの時間をテレビゲーム(コンピューターゲーム、携帯式のゲーム、携帯電話やスマートフォンを使ったゲームも含む)をしていますか」との質問項目がある▼回答によると、石垣市内の小学生では2時間以上が52・6%(全国平均49・1%)、中学生では61・2%(同56・7%)だった。スマホの所持率が100%近い高校生はもっと高いのかも▼文科省は「ゲームをする時間が短い児童生徒の方が、教科の平均正答率が高い傾向がみられる」と分析する。その通りだろう▼ただ、ゲームはおもしろい。メリハリが肝心。家族だんらん、学力向上の刺激にもなる。バランスを。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム