八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

仕事への理解深める 大原中でキャリア授業

リモートによる地域キャリア育成プログラム職場体験授業を受ける生徒ら=25日午後、大原中学校

リモートによる地域キャリア育成プログラム職場体験授業を受ける生徒ら=25日午後、大原中学校

NTT西日本沖縄支店

 【西表】NTT西日本沖縄支店(古江健太郎支店長)は25日午後、大原中学校1年生13人を対象にリモートで「地域キャリア育成プログラム職場体験授業」を開催した。生徒らは、Web会議システム「Zoom」を活用し、「ありがとう」という身近なキーワードをベースとして、仕事について理解を深めた。

 大原中1年生は職場体験学習の一環で同支店、N/S高校、ラフ&ピースマザーが連携する「仕事に関するキャリア授業」をワークショップ形式で実施。

 ファシリテーターが基本的なZoomの使い方を説明し、自己紹介、仕事の定義、最近言われた「ありがとう」についてオンライン上でやりとりした。

 生徒らは「仕事」に対するイメージについてチャットを介して意見を交わし、ありがとうと言われた瞬間、その時芽生えた気持ちを発表した。

 最も多かった意見は、家族の手伝いや友人を助けた時に掛けられた「ありがとう」。心が温かくなり、相手を思い敬う気持ちが強くなったという。

 授業の冒頭でラフ&ピースマザーの動画鑑賞もあった。 

 同支店は、オンライン授業で仕事の仕組みを考えながら世の中の仕事を知ることでキャリア感の醸成を図ろうと、大原中で初めて同体験授業を実施。今後も、離島校のリモート授業を通してICTスキルの向上や、子どもたちの学びを深めていきたい考え。

 

  • タグ: NTT西日本沖縄支店
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム