八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「世界の宝守り後世へ」 自然遺産登録で記念式典

沖縄・奄美の世界自然遺産登録を記念し式典が開かれた=19日午前、沖縄空手会館

沖縄・奄美の世界自然遺産登録を記念し式典が開かれた=19日午前、沖縄空手会館

 【豊見城】「西表島、沖縄島北部、奄美大島、徳之島」の世界自然遺産登録記念式典(県主催)が19日午前、沖縄空手会館で開催され、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界自然遺産一覧表記載認定書のレプリカが竹富町、やんばる3村(国頭、大宜味、東)、県に贈られた。出席した関係者約150人が登録を祝った。

 4地域はことし7月26日、オンラインで開催された第44回世界遺産委員会で、国際的にも希少な固有種に代表される生物多様性の保全上重要な地域として資産価値が認められた。

 日本での自然遺産登録は5カ所目。4地域は「国内で最後の自然遺産登録地」と言われている。

 式典では西大舛髙旬竹富町長ら4地域の首長と照屋義美副知事が環境省自然環境局の奥田直久局長から認定書のレプリカを受けた。西大舛町長はあいさつで「日本トランスオーシャン航空など、登録に向けた共同企業体の大きな力も今回の結果を生みだした」と感謝し、「皆さん、イリオモテヤマネコやカンムリワシをぜひ見に来てください。先人が残してくれた世界の宝をしっかり守り、後世に引き継いでいきたい」と決意を新たにした。

 照屋副知事は「100年後、1000年後も子々孫々に継いでいくため、地元市町村や関係機関と連携し、環境保全と観光の両立を図りながらやっていく」と玉城デニー知事の祝辞を代読。奥田環境局長、天羽隆林野庁長官(代読)もあいさつした。塩田康一鹿児島県知事や西表・やんばるの住民らもビデオメッセージを寄せた。

 式典は、新型コロナウイルス感染予防のため関係者のみで実施。出席者らは式典後、遊覧飛行でやんばるの森を上空から視察した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム