八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

島から「チェンジ」を アイランダーサミット開幕

3日間の日程で開幕したアイランダーサミット石垣2021=18日午後、フサキビーチリゾートホテル&ヴィラズ

3日間の日程で開幕したアイランダーサミット石垣2021=18日午後、フサキビーチリゾートホテル&ヴィラズ

20日まで、各国参加者ら議論

 アイランダーサミット石垣2021(同実行委員会主催)が18日、フサキビーチリゾートホテル&ヴィラズを主会場にオンラインで開幕した。総合プロデューサーの渡邉賢一氏は開会のあいさつで「私たちのゴールは『スモールチェンジ』。参加者それぞれが、つながることへの意味を確かめ合い、社会を好転させるための『自分ごと化』のきっかけを生み出していこう」と呼び掛けた。20日までの3日間、行われる。

 オープニングではオランダ王国大使館のバス・ヴァルクス氏が基調講演を行い、SDGsなどオランダでの取り組みを紹介した。

 オープニング・セッション「未来のモノサシ 島目線で考えるヒューマン・グレート・リセット」には、国連世界観光機関や石垣市、オランダ王国大使館、デンマーク、バリ島、予防医学研究者らが各国の島々の目線で見た世界の価値観の変化をもとに、人間性への回帰の指針について話し合った。

 19日は「これからのライフバリュー 遊ぶ、働く、学ぶ」や「自然と共生するエネルギーを考える」、「地球と対話するジオ・ガストロノミー」、「デジタル時代のローカル価値」などのテーマ・セッションを予定。

 最終日は高校生同士で語り合う「アイランダーサミット ネクスト・ジェネレーションズ」が行われる。

 サミットの様子は特設サイト(http://islander-summit.world/2021.html)から配信される。

  • タグ: アイランダーサミット石垣
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム