八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

数学「覚えず理解を」 覆面数理氏、炎の講義

数学の楽しさや正しい学び方などを生徒らに伝える数理哲人氏=18日午後、八重山高校

数学の楽しさや正しい学び方などを生徒らに伝える数理哲人氏=18日午後、八重山高校

八重高

 「闘う数学、炎の講義」をモットーに全国の高校を回っている覆面の貴講師数理哲人氏が18日、八重山高校を訪れ、数学の正しい学び方を伝える特別講義を行った。

 数理氏は東京都で進学塾「知恵の館」を経営、埼玉県の私立高校で講師を務めているほか、全国各地の高校を回り、集中講義や講演会を行っている。

 同日は2年生の4クラスを対象に講演を実施。数理氏は「公式など無理やり呪文のように覚えるのは数学の学び方として間違っている」と指摘し「数学的な仕組みや関係を理解することが重要。つながりを理解し、自在に引き出せる人のほうが数学の学力は高い」とポイントを挙げた。

 その後、実践問題を通して加法定理やユークリッドの互除法の成り立ちなどを解説。「数学は文明を作る根本の学問。今日の授業を通して数学って面白い、もっと強くなりたいと感じてくれたらうれしい」と期待した。

 受講した2年の片山空君(17)は「高校で難しくなり、数学に少し苦手意識を持っていたが改めて面白いなと感じた。公式そのものや結果だけでなく根拠も学習していきたい」と語った。

 講演会は19日にも同校で開かれる。

  • タグ: 数理哲人
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム