八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

先日、地域の同級生の模合に参加した…

 先日、地域の同級生の模合に参加した。ことしの2月以来、9カ月ぶりに顔を合わせての集まりだ。会場となった地域内の居酒屋は、ほぼ満席状態。従業員も注文取り、料理の配膳と忙しそう。久々に日常を取り戻した店内に活気があふれていた▼新型コロナウイルスの影響で、集まりは控えてきたが、全国的に収束傾向が顕著で、郡内でも2週間以上、感染者が出ていない状況を踏まえ「会食模合は大丈夫だろう」との判断だ▼参加者が二つのテーブルに分かれ、感染対策。同じ地域に住みながら顔を合わせるのが2月の模合以来という人もおり、地域のコミュニティーに与えるコロナの影響の大きさを改めて痛感した▼同級生の模合は、現在男女15人。大半が小中学校時代の同級生で多くが同じ地域に住む。20歳そこそこにスタートし30年以上続く。気心が知れた者同士で、遠慮なく話しができる貴重な交流の場だ▼その中で、12月の忘年会の話も出たが、さすがに開催とはならず、1カ月後の状況次第に。感染症の専門家らは「第6波は必ず来る」と断言しており、またしばらく会食模合はできそうにないのかもしれない▼ただ、流行がほぼ収束した現在は、国内各地が活気を取り戻しつつある。この状況が1日でも長く続いてくれることを願うばかりだ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム