八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

旧八重山病院北職員駐車場跡地で陸自隊員

 旧八重山病院北職員駐車場跡地で陸自隊員住宅造成工事が始まっている。登野城のマックスバリュ石垣店東方の予定地でも重機を運び込むなど準備が着々と進む。すべてなし崩し的に進められている印象が▼陸自与那国駐屯地には隊員数70人規模の「電子戦部隊」と、20人規模の航空自衛隊移動警戒隊が23年度までに追加配備されるという。そうなれば島に常駐する自衛隊員は現在の160人から250人となり、同町住民に占める自衛隊員の割合が増してゆく▼お隣の宮古島市では14日、防衛省が城辺保良の「保良訓練場」へ地対艦ミサイルなど弾薬を搬入した。陸自配備に反対する住民らが激しく抗議するなか▼電子戦部隊は台湾海峡や尖閣周辺の情勢緊迫化をにらみ、情報収集能力を強化するのがねらい。宮古島の地対艦ミサイルは中国海軍封じ込め目的。いやおうなく進められる軍事強化に、周辺空・海域での日米共同訓練や民間港の石垣港を使った訓練も相次ぐ▼島々に住む私たちには何のかかわりもないように進められてゆく現状が歯がゆい。島の未来は住民が決める。優れて地方自治の問題なのに「国策」優先の政治家らによって住民投票の機会、自己決定権を奪われた▼私たちはまだ意思決定も、意思表示もしていない。だからもやもや感が残るのだ。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム