八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「市街地拡大」盛り込む 第5次総合計画素案

市街化検討区域

市街化検討区域

農協、強い懸念 シードー線以北、優良農地多く

 石垣市が最上位計画の第5次総合計画(2022年度―31年度)の素案をまとめ、22年度から5カ年の前期基本計画素案に「市街地の拡大」を盛り込んだ。「人口増と災害に備え、高台にあるシードー線以北で市街地を拡大する」として4日の第2回審議会(浦内克雄会長、24人)に提示したが、JAおきなわ八重山地区本部(石垣信治本部長)から「農地を市街化に計画することは考えられない」と強い懸念が示された。

 同計画と並行して都市建設課が進めている都市づくりの整備方針・都市計画マスタープラン(基本計画)の見直しでは、シードー線以北を将来市街化検討区域に設定する案が検討されている。

 JA八重山地区本部によると、シードー線以北のエリアは土地改良事業で造成・換地・かん水設備・農道など基盤整備された優良農地が多く存在する。

 このため石垣本部長は「土地改良事業が実施された優良な農地は市街化してほしくない」「農家の営農意欲が減退し、離農が増えたり、不動産業者など投資家による土地の買い占めが始まったり、混乱する。宅地化するとの理由で小作地は耕作できなくなる恐れもある」と指摘し、容認できないとの考えを示す。

 事務局(企画政策課)は次回(11月下旬~12月中旬)に出す案にこうした意見も反映させる考え。

 このほか前期計画素案では、都市機能の項目に空港跡地や美崎町などでの市街地の再整備を掲げた。空港跡地利用と併せた都市施設の整備を検討し、土地区画整理事業を促進すると記述。また、現市役所庁舎移転後の中心市街地の都市機能強化のため、美崎町の再開発を推進するとしている。

  • タグ: 市街地計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム