八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

竹富町予算執行率78%

2020年度竹富町一般会計決算

2020年度竹富町一般会計決算

20年度、監査委「計画の甘さ」指摘

 竹富町の2020年度の歳入歳出決算は、一般会計と特別会計を合わせた歳出予算の執行率が78%だった。監査委員は執行率の低さの主な要因を繰越事業によるものとし、「計画通り予算執行できなかったのは外的要因なども考えられるが、計画の甘さを指摘せざるを得ない」と事業執行率の向上を求めている。

 一般会計と特別会計の合計は歳入総額128億3029万2903円(前年度比48・5%増)、歳出総額122億7062万9009円(同55・9%増)。予算執行率は前年度比で5・2%改善されているが、委員は「まだ低い」と指摘。不用額は一般会計4億4605万7852円、特別会計5008万1244円。

 一般会計は、歳入総額101億2090万3637円(収納率91・7%)、歳出総額96億9768万8253円(執行率74・3%)だった。

 未収債権として八重山第一地区畜産基地建設事業の負担金・売渡金1億6775万円、同第二畜産基地建設事業の負担金・売渡金8853万円がある。町税は住民税や固定資産税、軽自動車税で2349万円の滞納がある。

 一般会計の執行率は、19年度に比べ改善されているものの、複合型福祉施設整備など建設事業を21年度へ繰り越したため低いという。町によると、新型コロナウイルスの影響で職人の確保が難しかったり、入札辞退が続いたりする事業もあった。事業採決が21年度にずれ込み、繰り越したことも要因の一つ。

 また、コロナで職員の出張が減少、組んでいた旅費の未執行も積み重なった。

  • タグ: 竹富町歳出予算
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム