八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

離島振興、安保を推進

インタビューに応じる西銘恒三郎氏。離島振興、安全保障の推進へ意欲を見せた=1日午前、宮古毎日新聞社那覇支社

インタビューに応じる西銘恒三郎氏。離島振興、安全保障の推進へ意欲を見せた=1日午前、宮古毎日新聞社那覇支社

衆院選挙一夜明け 西銘氏、6期目へ決意新た

 【那覇】10月31日の第49回衆院選沖縄4区で6期目の当選を果たした自民前職の西銘恒三郎氏(67)=公明推薦=は一夜明けた1日午前、那覇市の宮古毎日新聞社那覇支社でインタビューに応じた。西銘氏は自身初となる全市町村での最多得票に喜びをかみしめ、離島振興や尖閣を取り巻く安全保障の推進に意欲を示した。

 過去の衆院選で勝てなかった南風原町を制した西銘氏は「現職の大臣を落としてはいけないと仲間たちも思ったのでは」と推測、「その意識が全市町村で危機意識となった」と勝因を分析した。

 離島振興については「国全体の縮図が沖縄県にある」との持論を述べる。県内の傾向として農業、漁業者と国会議員のつながりが弱いと指摘し「先島地域は県内の漁業・農業を引っ張る可能性が大だ」とアピール。宮古・八重山については「食品加工、生産加工含めて可能性がある。島で暮らす人の所得向上、県全体の所得向上につながる。課題もあるが可能性もある」と離島振興へ意欲を見せた。

 先島への陸自配備や尖閣諸島問題については、国内を取り巻く安全保障環境の厳しさを強調。「相手国に誤ったメッセージを発すると危機管理上よくない。尖閣、台湾海峡で絶対に武力衝突は起こさないとの意識は重要だ。着実に備えはやる」と考えを述べた。

 2022年の県内選挙は名護市長選、石垣市長選、参院選、県知事選など選挙の年を迎える。衆院選で自公が4議席中2議席を獲得したことについては「来年の一連の選挙について弾みが付いた」と認識を示した。

  • タグ: 衆院選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム