八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「1度きりの使い捨てやめよう」 海洋ごみでファッションショー

海洋ごみを使って行われたファッションショー。さまざまなキャラクターが登場した=10月31日夕、多田浜海岸

海洋ごみを使って行われたファッションショー。さまざまなキャラクターが登場した=10月31日夕、多田浜海岸

石垣ハロウィン

 海洋ごみを使用して仮装するファッションショーを行うイベント「石垣ハロウィン」が10月31日夕、多田浜海岸で行われ、工夫を凝らした仮装でさまざまなメッセージを発信した。

 市内でネーチャーツアーなどを手がける合同会社縄文企画(田中秀典代表)などが主催。

 ハロウィーンの時期に、プラスチックの飾りや衣装などが大量に消費・廃棄されている現実を受け、「1度きりの使い捨てはやめよう」「地球環境に関心を持ってみんなで守っていこう」とのメッセージをSDGs未来都市の石垣島から世界に発信しようと企画した。

 ファッションショーには22組がエントリー。浮き球や漁網、ロープ、ペットボトル、サンダルなど漂着ごみに工夫を凝らして衣装に。シンデレラ、ダース・ベイダー、カメなどが登場した。カメはビニールを加えており、仮装した女性3人は「ひとりはみんなのカメに みんなはひとりのカメに」と書いたボードをPRした。

 田中代表は「美しい石垣島から海洋ごみの問題について多くの人に知ってもらいたい」と話した。イベントの模様は動画や写真で発信される。

  • タグ: 石垣ハロウィン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム