八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

衆院選きょう投開票

沖縄4選挙区11人に審判

 【那覇】第49回衆院選は31日に投開票が行われ、11人が立候補している沖縄4選挙区では同日夜遅くには当落が判明する見通し。八重山3市町を含む沖縄4区は、自民前職で沖縄北方担当相兼復興相の西銘恒三郎氏(67)=公明推薦=と立憲民主新人で元那覇市議会議長の金城徹氏(68)が接戦を展開、自公対「オール沖縄」の一騎打ちとなった。選挙戦最終日の打ち上げ式で「沖縄の課題解決のため仕事をさせてほしい」「沖縄に寄り添わない政府に政権交代で意思を示そう」と最後の訴えで支持浸透を図った。(2,8,9面に関連)

 西銘氏は先島への陸自配備について「安全保障を守るためにやるべきだ」と推進の立場、新型コロナウイルス禍からの経済回復、自公の連立継続を強調。

 金城氏は陸自配備について「住民合意のない配備に反対」のスタンス。辺野古新基地建設反対や保育園の受け持ち定数改善、子育て支援を主張した。

 西銘陣営は午後5時30分から南風原町兼城交差点で打ち上げ式。南風原町議会の玉城勇議長、座波一県議らが支持を訴えた。

 金城陣営は豊見城市翁長北交差点で打ち上げ式。玉城デニー知事、山川仁豊見城市長らが支持を呼び掛けた。

 県選管によると有権者は10月18日現在、117万5193人で沖縄4区は29万5619人。石垣市3万9145人、竹富町3497人(30日当日)、与那国町1347人。

 4区以外では1区に赤嶺政賢氏(73)=共産=、国場幸之助氏(48)=自民=、下地幹郎氏(60)=無所属=の前職3氏、2区に宮崎政久氏(56)=自民=の前職1人とカウンセラーの中村幸也氏(41)=N党=、元北中城村長の新垣邦男氏(65)=社民=、元那覇市議の山川泰博氏(51)=維新=の新人3氏、3区に屋良朝博氏(59)=立民=の前職1人と島尻安伊子氏(56)=自民=の新人1人が立候補している。

  • タグ: 衆院選投開票
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム