八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

人権の花運動 久部良小で苗植え式

人権の花を植え付ける児童代表や関係者=22日、久部良小学校

人権の花を植え付ける児童代表や関係者=22日、久部良小学校

「人権と思いやり大切に」

 【与那国】2021年度「人権の花運動」の苗植え付け式(八重山人権啓発活動地域ネットワーク協議会主催)が22日、久部良小学校(田島正敏校長、児童46人)で行われた。

 児童らが協力して花を育てることで思いやりや命の大切さ、基本的な人権の尊重を身につけるのが目的。今年は同校が指定され運動を実施する。

 苗植え付け式は体育館内で行われ、糸数健一町長(代読)が「運動を通して花を咲かせてください」とあいさつ。石垣人権擁護委員協議会の森永用朗会長の激励メッセージが読み上げられたほか、イメージキャラクターの「まもる君」も登場した。

 全児童で「ともだち」を歌い、「人権と思いやりを大切に相手の気持ちを考えられる人になろう」など皆で考えた四つの標語を読み上げ、誓った。 

 プランターに田島校長、町人権擁護委員の東小浜功尚さん、入慶田本たか子さん、児童代表らがベゴニアの花を植え付けた。

 児童代表の仲里玲音さん(6年)が「花いっぱいで人権を守る久部良小にします」と決意を述べた。

 町人権擁護委員はこの日に先立ち同校で人権について講話した。

(田頭政英通信員)

  • タグ: 与那国人権の花運動
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム