八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

前職、新人 激突へ 衆院選、あす公示

衆院選の期日を告知する横断幕=17日午前、石垣市役所前

衆院選の期日を告知する横断幕=17日午前、石垣市役所前

西銘・金城氏立候補予定 衆院選沖縄4区

 衆院解散に伴う衆院選は19日公示され、12日間の戦いが始まる。八重山3市町を含む沖縄4区には自民前職で沖縄北方担当相兼復興相の西銘恒三郎(67)と立憲民主新人で元那覇市議会議長の金城徹(68)の2氏が立候補する。西銘陣営の自民党と公明党、金城陣営の「オール沖縄」が争いとなる。郡内でも各陣営がチラシのポスティングを行うなど選挙ムードが高まっている。

 公示日は、西銘陣営が午前8時半から登野城漁港マンタ公園モニュメント付近で出陣式、金城陣営が午前10時から字石垣の次呂久成崇事務所前で出発式を行う。それぞれ大浜一郎氏、次呂久成崇氏の両県議が選対本部長として陣頭指揮を執る。市議団、町議団が中心となって運動を進める。

 両陣営とも、支持層の票固めのほか票の掘り起こしを行い、来年2月27日投開票の石垣市長選につなげたい考えだ。

 両予定候補は政策をまとめており、ビラやチラシで浸透を図っている。

 西銘氏は5期18年の実績を列挙してPR。「未来チャレンジ9」と9項目を柱に具体的な公約を盛り込んでいる。離島振興策には▽離島出身者にも航空運賃の低減▽本島・離島間の物流コストの大幅低減▽救急搬送体制の充実と専門医派遣巡回診療、遠隔診療による離島医療の充実▽尖閣諸島(魚釣島)での戦時遭難者慰霊祭の実現―などがある。西銘氏は22日に石垣入りし、大臣就任激励会に出席する予定。

 金城氏は「16のお約束」を作成。八重山版には医療体制、経済活動、子育て、教育、福祉、自治と平和の政策を盛り込んだ。宮古・八重山諸島での自衛隊配備・強化計画について「住民合意のない計画の実施には明確に反対する」としている。難病患者渡航費の支援強化、ガソリン代の地域間格差の解消、製糖工場の建て替え支援、子育て世代包括支援センターの設置などもある。金城氏は21日と23日に石垣入りの予定。

  • タグ: 衆院選西銘恒三郎金城徹
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム