八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

人工浮島 回答「しかるべき時期に」

質問事項に誠意をもって回答するよう求める石垣島ポンツーン事業を反対する会の和泉航平代表(右)ら=13日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル

質問事項に誠意をもって回答するよう求める石垣島ポンツーン事業を反対する会の和泉航平代表(右)ら=13日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル

企業、市民の質問状に

 JTB沖縄(那覇市)が石垣市屋良部半島の大崎海域で計画する人工浮島(ポンツーン)設置事業に対し、公開質問状への回答を求めていた「石垣島ポンツーン事業を反対する会」(和泉航平代表)が13日午後、市内で会見した。「しかるべき時期に公式発表したい」との回答があったという。

 同会は8月31日付で同社へ雑排水や海の観光スポットの使用などについて6項目21件の質問を提出。9月末までの回答を求めていた。

 同会によると、広報担当名で「事業に関する報道があるが、当社が公表したものではなく現時点で決定している事実はない。質問、指摘内容を受け止め、あらゆる可能性を協議の上しかるべき時期に公式発表したい」と文書での回答があった。

 和泉代表は「八重山漁協には事業について説明しているので、その内容を踏まえて情報を発信することは可能ではないか」と指摘。さらにJTBグループの行動規範「ステークホルダーに対し迅速・正確・公正な情報開示と提供価値を高めることにより期待に応える」を引き合いに「私たち島民の問いに対しては口を閉ざしている」と疑問視した。今後、懸念事項に回答するよう求める予定だ。

 ポンツーン事業は、大崎海岸から330㍍沖合に人工浮島を設置し、ダイビングなどアクティビティを展開する計画。漁業権が絡むが、八重山漁協はことし6月の総会で賛成多数で承認した。岩礁破砕の詳細が確定した段階で再度、特別決議事項として総会に諮る。

  • タグ: 石垣島ポンツーン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム