八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

15日から21日までの1週間は…

 15日から21日までの1週間は「第74回新聞週間」。ことしの代表標語は「答えなき時代のヒントを探る記事」。長いトンネルのようなコロナ禍で、新聞で未来を切り開くヒントを見いだすような標語だ▼今年はコロナ禍2年目。年間通して相次いで流行の波が訪れ、医療現場が逼迫(ひっぱく)。沖縄県を含む多くの都道府県に緊急事態宣宣言が発令され、人の移動、行動が制限され、飲食業、観光業界をはじめ経済が大きな打撃を受けた▼コロナワクチン接種の普及などで宣言が解除され、ようやく今月1日から経済が動きだし、社会全体に明るい兆しが見え始めたが、先行きは見通せないままだ▼新聞をはじめとするメディアでも連日、感染状況が報じられている。ただ、報じられる内容がマンネリ化し、数字を追う単調な内容になっているようにも感じられる。読者が日々の数字の動きの先に何を知りたがっているのかを読み取り、その期待に応える報道が必要だろう。一方通行であってはならない▼新聞週間は、読者に新聞の重要性を知らせ新聞と読者の結びつきを強めるとともに、報道に関わる者が「言論・報道の自由」を守り、発展を期す覚悟を新たにすることを目標としている▼週間を機に報道の原点に立ち返り、読者目線を改めて考えたい。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム