八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

修学旅行季節幕開け 宣言解除で予約増可能性

修学旅行が10月から本格化する。旅行社の募集ツアーは11月から回復する見通しとなっている=7日午前、東運輸

修学旅行が10月から本格化する。旅行社の募集ツアーは11月から回復する見通しとなっている=7日午前、東運輸

募集ツアーは回復に遅れ

 新型コロナウイルスに関する全国の緊急事態宣言が9月末に解除され、八重山地方では10月上旬から修学旅行シーズンが幕開けする。一方、旅行社の募集ツアー(旅行パック)は10月に入っても回復していない。関係者は全国的なコロナ対策の実証実験を経て、11月にツアーが本格化するとみている。

 観光バスを運行する東運輸㈱(松原栄松代表取締役社長)では10日、関西の400人規模の学校を受け入れ予定。同校を皮切りに八重山郡内の修学旅行シーズンが始まる。

 同社では緊急事態宣言の度重なる延長で、実施予定校のキャンセルや延期が相次いだが10月3校、11月15校、12月11校、1月8校の計37校予約が残った。中止を決定した100人未満の小規模校から、11月に再予約できるか問い合わせもあり、状況次第で実施校が増える可能性もあるという。

 修学旅行シーズン到来を前に同社担当者は「10月に1校でも先行すると、11月~12月に大きく(予定が)動くことはない。感染対策をして絶対に成功させたい」と意気込む。

 川平湾を遊覧するグラスボート業者によると10月分の修学旅行は、多くがキャンセルか本土での地元旅行に切り替わった。修学旅行シーズン幕開けに担当者は「(予約を)取り消さなかった学校がやって来る。『石垣は大丈夫』という発信ができたら」と期待する。

 その一方、募集ツアーが11月上旬まで少ないと指摘、「宣言解除してすぐ計画は立てられないのだろうが、旅行社がどう動くかで影響が出る」と心配した。

 ある旅行社によると10月の募集ツアーは、8月時点で多くがキャンセルされた。9月末で緊急事態宣言は解除されたが、航空機の座席確保や募集期間が短いこと、全国的に実証実験期間となったことがネックとなり、ツアー実施が少ないという。ツアーの本格再開は11月を見込む。

 担当者は「10月にコロナの社会実験をして感染拡大しないなら、(政府は)11月から旅行・飲食の縛りも解除するだろう。GoTo再開は、早ければ11月に踏み切るはずだ」と予測している。

  • タグ: 新型コロナウイルス緊急事態宣言解除修学旅行
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム