八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

4カ月ぶり 通常へ一歩 観光・飲食、回復に期待

緊急事態宣言解除を前に店内の感染対策を確認するスタッフ=9月30日午後、やいま家庭料理さつき

緊急事態宣言解除を前に店内の感染対策を確認するスタッフ=9月30日午後、やいま家庭料理さつき

緊急事態解除、月内は県独自措置

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い5月23日発令された政府による県への緊急事態宣言は、期限の9月30日をもって約4カ月ぶりに解除された。住民のさまざまな活動のほか、県独自の措置で段階的に経済も動きだす。解除による解放感が懸念されるため、県は「10月は通常に戻るための準備期間」(糸数公医療技監)として独自措置への協力を呼び掛けている。

 ホテル業界は、宣言下にあったピークの夏場に打撃を受けており、再開後への期待感が高まっている。

 石垣市観光交流協会副会長でシーサイドホテルの高橋秀明総支配人は「徐々に予約が伸びてきているけど、コロナ前と比べるとまだまだ。旅行者の意識も変わってきているので、安全対策をしっかりしてPRしていけば先は見えてくると思う。段階的に通常営業に戻していけるのでは」と話す。

 一方、ダイビング業界では、オフシーズンに入ることから期待値が低い。黒島観光組合の桝谷秀明組合長は「宣言が明けてもお客さんが増えるわけではない。今更感はあるが、安心材料を挙げるなら、ウイルスを島に持ち込まないようワクチン接種やPCR検査を受けてくれる方々がいること」と前向きにとらえる。

 解除に合わせて営業を再開する居酒屋も多い。4月14日から休業していた「やいま家庭料理さつき」=美崎町=は5か月半ぶりの営業再開。解除前日には従業員らはランチ、ディナーの食材の仕込みやフロアの清掃に追われていた。

 﨑山春海店長代理(61)は「やっと店を開けられる」と喜ぶ一方、「お客さんが店のことを忘れていないか心配」と苦笑い。県の認証を受けているため酒類提供は午後8時まで、営業は同9時まで。「売り上げ減少はもちろん、お客さんが『もっと飲みたい』と気を落とさないか心配。早く措置も解除されて活気が戻ってほしい」と願う。

 宣言前から月1回の模合を自粛していた石垣市内の50代男性は「ようやく模合ができるようになった。長くやっていないので近況報告もいっぱいあると思うが、きっちりと4人以内、2時間以内を守りたい」と喜んだ。

  • タグ: 緊急事態解除新型コロナ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム