八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「聖紫花の杜」で11人感染 入所者ら、全員2回接種

介護老人保健施設「聖紫花の杜」で発生した新型コロナウイルス感染症について説明する医療法人上善会の橋本孝来理事長(中央)ら=14日夜、同施設

介護老人保健施設「聖紫花の杜」で発生した新型コロナウイルス感染症について説明する医療法人上善会の橋本孝来理事長(中央)ら=14日夜、同施設

上善会施設 クラスター2例目 新型コロナ

 医療法人上善会(橋本孝来理事長)は14日夜、介護老人保健施設「聖紫花の杜」(野村義信施設長)で入所者7人と介護職員4人の計11人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同会運営のかりゆし病院では昨年10月、入院患者ら40人規模のクラスターが発生しており、上善会施設で2例目となる。

 感染が分かったのは70代1人、80代4人、90代1人、100歳代1人の入所者7人と20代1人、30代2人、40代1人の介護職員4人。いずれも軽症か無症状という。全員が2回のワクチン接種を済ませていた。

 上善会によると、20代の介護職員が13日、体調に違和感を感じたことから八重山病院を受診、PCR検査で陽性が判明した。同施設では始業前に職員らの体温を測っていたが、陽性が判明する前日の12日までは同職員に異常は見られなかったという。

 陽性者判明を受け14日、聖紫花の杜2、3階にいる100人にPCR検査を実施。入所者7人と介護職員3人の陽性が分かった。

 施設では面会禁止措置を取っているほか、職員も勤務先と買い物以外は外出などを控えており、感染経路は不明だという。

 集団感染を受け、上善会は20日まで1階の通所施設の利用を停止。15日と20日に職員全員のPCR検査を実施し、感染の広がりがないことが確認されれば21日から再開する予定。

 野村施設長は「ご家族の方や利用者に不便をおかけするが5日間、デイケアを休止する」と話した。

 かりゆし病院の境田康二院長は関連施設2例目の集団感染について「手ごわい相手だが、陽性者が高齢者にもかかわらず、ほとんどが無症状で重症化が防げている。ワクチンの効果だ」との見方を示した。

  • タグ: 新型コロナ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム