八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

夏が往く。少雨傾向により断水が懸念された

 夏が往く。少雨傾向により断水が懸念されたが、台風で解消されただろうか。節水呼び掛けに「水渇き」や「喉渇き」などの島言葉が脳裏をよぎった▼連想で「人渇き」という言葉も浮かんだ。そんな島言葉を聞いた覚えがあるような気もするが、いくら方言辞典を引いても出て来ない▼友人らとの定例飲み会や模合、古酒会などのイベントなどで楽しい時間、空間を共有していたあの日に帰りたい。何でもない日常に。地域の伝統行事も2年連続中止となったうえ、何もかも自粛、「密」がない暮らしはわびしく、息苦しい▼懐かしい友の顔が浮かぶ。とはいえ特定の誰かと会いたい訳じゃない。友らと口角泡を飛ばして語り、笑いあったあの日。そんな日常のささやかな時間、空間を持てないことが懐かしくも無念なのだ▼沖縄県への緊急事態宣言が5回目の延長となり、自粛生活は今月いっぱい、4カ月余りも続くこととなった。終わりが見えない不安にため息が出る。家族の誰一人感染しない幸運を続けられるか▼生まれて初めて「人渇き」を思った2021年夏。日々発表される新規感染者の数に一喜一憂した夏。2回のワクチン接種に安堵(あんど)し、それでもなお感染する変異株の恐怖を思った夏。この夏を忘れない。こんな思いから解放されるのはいつの日か。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム