八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「自宅療養」の定義は、入院患者の病状が…

 「自宅療養」の定義は、入院患者の病状がある程度落ち着き自宅に戻ることという。悪化したら再度入院できる保証があることが前提▼この定義に従えば、最初から「入院できない」「入院させない」なら、「自宅待機」あるいは「自宅放置」ではないか。用語さえ皮肉に満ちたコロナ禍である。そのコロナ対策に専念するとして菅総理大臣が退陣を表明した▼総理辞任と国内五輪開催には不思議なジンクスがあるという。前回東京五輪時の池田勇人首相は、閉会式の翌日「がん療養に専念する」と退陣表明。1972年、札幌冬季五輪時の佐藤栄作首相は、沖縄返還を花道に退任。98年の長野冬季五輪時の橋本龍太郎首相は参院選で大敗し職を退いた▼菅総理への評価は、支持・不支持の別だけでなく幾通りもあるはずだ。学術会議、総務省接待、公文書改ざん問題に「政治とカネ」。説明軽視や原稿棒読み、発信力の弱さ。メディアはさっそくさまざまに検証報道を始めた▼沖縄では辺野古新基地建設を強行しつつ、那覇空港第2滑走路や名護東道路などインフラ整備に尽力した▼それにしても退陣を表明した自民党本部会議室のニュース映像。たんたんと退任理由を述べる背後に大写しになった菅総理自身のポスター。「国民のために働く」とある。これも皮肉か。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム