八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市道から国道までさまざまな樹種が植栽され

 市道から国道までさまざまな樹種が植栽されている街路樹。日陰をつくり、景観面でも歩行者や車両のドライバーの目を楽しませている。だが、一方で葉や花が落ちたり、台風時に枝などが折れ、管理面の課題も多い▼その中、市民から市健康福祉センター東側道路の両側に植えられているホウオウボクが、幹だけ残してバッサリ切られている、との指摘があった。現場を見てみるとたしかに、数本を残し幹だけ状態▼その市民は、せっかくきれいな花を咲かせ、観光客を含め見る人の目を和ませていただけに、この切り方はない。景観面でもマイナス、と厳しい指摘▼街路樹を管理する市の担当課によると、街路樹は、枝が生い茂ると車の走行の邪魔になるなど、苦情があるほか、台風時などに葉や枝が電線に当たり、停電の原因になることから状況を見ながら剪定(せんてい)している、という▼ホウオウボクなどは、枝の伸びが速く、剪定してもすぐ元の状態に戻ると言い、年に2回程度は剪定作業を行っているようだ▼街路樹はきちんと管理すれば、景観面を含めその効果を発揮する。だが、管理が行き届かなければ、住民生活への悪影響も。予算、業務面の厳しさもあろうが、管理側には、景観を含めた総合的な管理の在り方を模索してほしいものだ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム