八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与那国町教育委員会が3月に発行した…

 与那国町教育委員会が3月に発行した「どぅなんむぬい辞典」は、豊富な例文で島の風景を描いている。読んでこその辞典だと思う▼「きくつぁん」(蒸し暑い)には「かつお節を作る工程の中でも、夏の焙乾は蒸し暑くて大変だったよ」という例文がある。かつては島の代名詞だった産業の姿がよみがえってくる▼「港の出入り口」は「てぃー」という短い言葉で表現される。例文は「波多(なんた)の出入り口はよく艀(はしけ)が転覆する難所だったよ」。「ナンタ浜は、与那国島の人の心が晴れ晴れとするところです」。これは「どぅぐる」(場所)の例文である▼海の存在は、島で感染が広がる新型コロナウイルス対策とも無関係ではない。29日付本紙によれば、県から島に看護師4人が派遣された。別の記事では、竹富町の状況を検証し、感染者や患者の輸送に関する課題を指摘している。どちらも海を渡るという点がポイントだ▼来年は復帰50年。島の医療サービスはどう変わったのか▼「与那国の人間はもっと団結しないといけないね」との例文は、「どぅなん」(与那国)の項にある。持ち前の団結力で難題を乗り越えてほしいという思いは、筆者の一方的な願望にすぎない。ページをめくりながら、島の姿について考えてみたくなる辞典である。(松田良孝)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム