八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

パトロールは警ら、見回りの意で警察や消防…

 パトロールは警ら、見回りの意で警察や消防などの常用語。事件事故の未然防止と地域の保安を目的の徒歩による定期巡回はよく知られている▼近年は警察のパトカーを筆頭に各種団体のパトロールカーも見かけるようになった。ただパトカーのように低速で地域を見守っているのとは違い、現場への移動で急ぎ走り去ってゆくパトロールカーは多く、見回り目的は置き去りにされている様子▼パトロールなら、できるだけ車から降りて、徒歩で見回ることを大事にしたい▼その点、毎月15日のスタートで国道を歩き、ヤラブの新芽摘みを行っているヤラブ並木15友の会は、パトロールを頼まれた訳ではないが、いやでも周辺の公共植栽マス事業に目が行ってしまう▼空港側から大枚の予算をかけたアメリカンブルーの植栽マスが、完工引き渡し後の手入れがなく、ギンネムなどの雑木が混ざり始めている箇所が増えてきたことに胸を痛めている。ことに宮良坂下はひどい。指定管理事業がまだ継続中なら、急ぎ委託業者に連絡し国道植栽のパトロールをお願いしたい。可能なら徒歩で▼一部では成果が上がりつつあるアメリカンブルーも、このままでは次期駄目になってしまう。パトロールと小まめな手入れで島の景観向上が図れるなら予算化大いに検討すべし。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム