八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

全人口の67.6%接種 石垣市「2回目も必ず」

集団会場でワクチン接種を待つ市民ら=5月29日、石垣市総合体育館メインアリーナ

集団会場でワクチン接種を待つ市民ら=5月29日、石垣市総合体育館メインアリーナ

ワクチン1回目

 12歳以上を対象にした石垣市新型コロナウイルスワクチン集団接種は19日で1回目を終了、1回目接種率は接種対象人口の78.2%、全人口の67.6%となった。中山義隆市長が20日、会見して発表した。集団免疫獲得の目安とされる人口の7割に近づいている。市は2回目接種も必ず受けるよう呼び掛けているほか、未接種者には民間病院での接種を促している。

 接種率向上のため市は9日から19日まで集団接種の追加枠を設け、この間に2175人が来場。10代と20代前半が多かったという。2回目接種は30日から9月9日まで。1回目を終えた後、仕事など何らかの事情で2回目を受けていない市民にもこの間に予約なしで対応する。

 市によると、2回目接種者のほとんどが濃厚接触者になってもPCR検査で陰性となっている。2回目接種者が感染する「ブレークスルー感染」は2、3例確認しているが、ほとんどが無症状か軽症で収まっているという。

 中山市長は「ワクチン接種が感染の予防と重症化の抑制につながっている」と述べ、情報を収集・分析してデータを公表する考えを示した。「ワクチン効果を示すモデルになるのではないか」と話した。

 一方、ワクチン未接種の飲食店従業員らに連日陽性者が出ている状況と指摘、市外からの来訪者と接する機会の多い職業の従事者らに接種を促した。「市内で感染が抑えられている状況が続けば、県に緊急事態措置の緩和を求め、市内の経済回復を積極的に進めたい」として協力を求めた。

 集団接種は終了したが、かりゆし病院と石垣島徳洲会病院で引き続き接種が可能となっている。

 会見の冒頭、1回目接種率について「高い接種率となった」と評価。集団接種に協力した医療関係者と市民に謝意を表した。

  • タグ: ワクチン集団接種新型コロナ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム